AV女優清純度ランキング

AV女優お好み検索では、
各AV女優の特徴を5つのパラメータで表現し、
様々な観点からユーザの好みにマッチする女優の紹介を行っている。

「清純」
AV女優はこの言葉から最も遠い存在ともいえる人々かもしれない。
しかし、実際に存在する「清純派AV女優」。

矛盾しているようだが、AV女優がAVの中で見せる姿が「清純」であれば、
清純派女優なのである。
そう、そして世の中の普通の「清純」な人々も、
表には見せないだけでAV女優と似たり寄ったりの行為をしているのである。

前フリが長くなったが、
今回は、AV女優の中で最も清純と言える女優は誰なのかを
ランキング形式で列挙するという企画である。
それではさっそくいってみよう。

※手元のデータで10作品以上に出演している女優に限定

10位 74pt 優木ひかる
比較的スレンダータイプのまさに清純王道といった感じの女優である「優木ひかる」が10位となった。
出演作品はあまり多くないが、あまり変わった作品は多くなく、
AV女優の魅力を前面に押し出した正統派な作品に多く出演している。

9位 75pt あおば結衣
「あおば結衣」も清純王道女優である。
特徴はロリ度が強いこと。美少女ものの出演作が多い。
比較的スレンダーではあるが、貧乳というほどではない。

8位 76pt 長澤えりな
スレンダーというよりむしろ貧乳タイプと言っていい感じの「長澤えりな」が8位だ。
ロリ度も高く、妹ものの出演作が多い。
出演作は正統派作品ばかり。まさに妹タイプの代表といった感じだ。

7位 76pt 立花くるみ
8位の「長澤えりな」と似たようなタイプではあるが、
「長澤えりな」よりさらにロリ度が高い女優である「立花くるみ」が僅差で7位に入った。
体型も幼児体型と言っても差し支えないような感じ。
「長澤えりな」と同じく出演作は正統派作品ばかり。

6位 77pt 葵野まりん
トップ10の中で最も豊満度が高くなった「葵野まりん」が6位。
豊満度が他の女優より高い分、長澤えりなや立花くるみと違い、
多少企画性が高めの作品にも出演している。
恐らく見栄えの問題で「清純」以外の要素も押し出しやすいのだろう。

5位 77pt 竹内真琴
10位の優木ひかると似たようなタイプである「竹内真琴」が5位。
ロリ度は比較的高めで、豊満度も低めであり、
妹系かと思わせるパラメータである。
しかし、実際写真を見てみると妹系としてはなかなか成立しにくいビジュアルをしている。
そのため、若めの設定ではあるものの妹系の作品は少ない。
そのような理由もあってか、企画性が若干高めの作品が多い。

4位 79pt 御厨あおい
10位の優木ひかるや5位の竹内真琴と同系統である「御厨あおい」。
正統派美人であるビジュアルを活かして、
若めの設定の作品に多く出演する。
豊満度も適度に低めであり、「街にいそうな感じ」を活かして、
様々なタイプの役の出演作がある。

3位 80pt nana
ここにきて、ようやくここまで紹介してきた女優と全く違うタイプの女優が登場。「nana」。
清純度が非常に高いにもかかわらず、積極性も高いという非常に珍しいタイプ。
積極性が高くなった原因は「痴女」モノに出演しているため。
恐らく最初は清純派として売っていたのだろうが、徐々に痴女ものにも出演できるようになったのだろう。
作品数は多くないが、様々なジャンルの作品に出演している。

2位 81pt 麻生希
これまたこれまでと全く異なるタイプ。「麻生希」。
清純度が非常に高く、積極性も高いが、豊満度は低め。
清純なビジュアルの痴女お姉さまというタイプ。
正統派清純作品にも多く出演するが、痴女モノにもいくつも出演している。
非常に器用な人なのだろうと想像するww

1位 82pt 西野まお
1を飾ったのは、正統派妹系女優「西野まお」。
豊満度が低めのまさに妹系。
出演作品もほぼ美少女・妹系作品のみ。
7位の「立花くるみ」と異なる点は、
全般的に軽い被虐系の作品が多く、
西野まおのほうが変態度が多少高く、積極性が多少低い。

以上のような結果となった。
今回、この調査をしてみて、
妹系の女優はビジュアルや体型の制約上、
受け身に回ることが多くなり、その結果、キャラクターとして
清純なイメージで出演することが多いということが分かった。

清純派と言われるためには見た目が清純なだけではダメで、
できれば「清純派のキャラクター」を
演じさせられるような体型等が必要であることが分かった。