AV女優「積極性」×「清純度」ランキング

星の数ほどいるAV女優を各パラメータでランキングするという企画。

今回は「積極性」と「清純度」というなかなか同居しずらいパラメータを
掛け算した値でランキングを行った。

さすがに同居しずらいパラメータということもあり、
掛け算したポイントは非常に低めとなり、
出演する作品数が比較的少なめの女優がランキング上位に並んだ。
また、女優のタイプはひとりを除きすべて「積極少女」タイプとなった。

結果を見る前は「積極少女」タイプの代表的女優である
有村千佳が上位にランクインするかと考えていたが、実際には13位に沈んだ。
恐らく、同居させずらいパラメータであるため、
たくさんの出演作品がある女優では数値がとがりにくく、
上位ランクインとはならなかったと想像する。

では10位から見て行こう。

10位 47pt nana
かなり古めの女優nanaが10位にランクインした。
パッケージを見ると少しハーフっぽい印象で、
確かに清純なイメージがあるにもかかわらず、積極的なプレイを想像させるタイトルがいくつかある。
作品を時系列でみていくと、デビューから時間が経過するほど積極性が高い作品が多いようである。
清純度はトップテンの中で2位であるが、積極性は最下位となっている。

9位 47pt 瀬名一花
見た目のタイプは清純そのものの瀬名一花が9位。
ただ、作品の内容は非常に積極的なプレイのものが多く、
そのギャップをウリとしている女優である。
最新の作品は2012年で止まっているため、おそらく引退してしまったのであろう。
積極的なプレイが好みで、見た目にビビっと来た方は、
是非とも見て頂きたい女優である。

8位 47pt 川村まや
清純度、積極性共にバランスよくポイントを獲得している川村まやが8位。
パッケージを見ていくと、過去の一時期、色黒ギャルとして活動していた時期があるようだ。
作品全般を通して積極性が高いというわけでもないらしく、
様々なジャンルの作品に出演している。
色黒ギャル時代に出演した積極性の高い作品群の影響で、
積極性パラメータが高くなっているようで、
今回ランクインしてしまったのは間違いだと思っていただいて問題ない。

7位 48pt 中川美鈴
美少女というよりも美人なタイプの中川美鈴が7位にランクイン。
タイプは積極少女となっているが、熟度が分析ミスをしている可能性が高い。
それほど熟度が低いのはおかしく、おそらく熟度40~50くらいが妥当ではないだろうか。
パッケージには非常に清純なイメージを前面に出しており、
清純度が高いのは納得である。
出演作品は積極的プレイの作品が多く、積極性の高さも納得の値である。
「清純で積極的なお姉さま」が好みの方であれば、見て頂く価値はある。

6位 48pt ティア
ハーフ?なのかはわからないが、金髪に近い色の髪をもつティアが6位。
髪の色は金髪と言えなくはないほどの色をしているが、
ギャルっぽさはほとんどなく、「美少女タイプ」と言えるだろう。
パラメータも清純度はなかなかの値を示している。
出演作品に積極性が非常に高いと思われるものがいくつかあり、
これら作品が積極性が高くなった原因であろう。

5位 49pt 村山かづは
2010年を最後に、作品を出していない村山かづはが5位となった。
作品が古い上に、数も少ないため、分析自体があまりうまくっているとは言い難いのだが、
確かに積極的な作品には多く出演しているようである。
ただ、清純かと言われると微妙かもしれない。
当時のメーカーが「美少女」として売り出したいという希望が、
様々な点で表現され、それがパラメータを押し上げているのかもしれない。

4位 50pt 麻生希
清純積極ともに高そうなイメージの麻生希が4位にランクイン。
パッケージを見て頂くと清純であることは一目瞭然だろう。
また、積極的プレイの作品にも多く出演するようで、積極性も十分高い。
清純度はトップテンで1位である。
また、トップテンでは最も豊満度が低く、
スレンダーであるというのも麻生希の大きな特徴の一つである。
スレンダー・清純・積極的と3つのパラメータでランキングしたら、おそらく1位になるだろう。

3位 53pt 愛沢かりん
清純度、積極性共にバランスよく高得点を獲得した愛沢かりんが3位。
パッケージを見て頂けば言わずもがな、納得の3位ランクインである。
デビュー以降、路線は全くぶれず、積極的清純で押している。
恐らく、プレイの内容も積極的なプレイがうまいのであろうと想像する。
一押しの女優である。

2位 54pt 今井美鈴
トップテンの中では唯一巨乳お姉さんタイプとなった今井美鈴が2位。
この女優も方向性に全くぶれを感じない。
(デビュー当初に多少の迷いは感じるが・・・)
とにかく「お姉さん」「巨乳」「積極的」「清純」で押している。
熟度が高いとどうしても清純度が低めになってしまうのだが、
この女優はそれを見事にクリアし、高い清純度と高めの熟度を両立させている。
さらに「積極性」「巨乳」まで載せてしまっているのだから、
メーカーの企画部門には頭が下がる。
パラメータとしてはやはり清純度はトップテンの中では最低である。
逆に積極性は最高値を示している。
非常に特徴のある面白い女優である。

1位 55pt 西川ゆい
積極性、清純度ともに高得点をただき出した西川ゆいが1位に輝いた。
見た目の清純度を維持しながら、高い積極性をアピールするのはかなり難しいと考えられるが、
女優が本来持っている見た目の清純さをパッケージなどで前面に出しながら、
作品の内容は積極的なものとすることで両立させているようである。
積極的な美少女が好みであるという方は、
是非ご覧になっていただきたい女優である。

今回は「積極性」と「清純度」というなかなか同居しずらいパラメータを
掛け算した値でランキングを行った。
その結果、様々な苦労をして両立させている女優が多くランクインしていることが分かった。
また、パラメータ分析がうまく行っておらず、
図らずもランクインしてしまった女優もいたようである。
今後はそのようなパラメータ分析ができるだけ減るよう、
分析システムの精度向上を目指す必要があるようである。

一方で、
このような分析ミスがランクインするほど、
非常に女優の数が少ないジャンルであるということがわかる。
「お姉さま」や「巨乳」もしくは「スレンダー(貧乳)」等の属性をプラスするだけで、
唯一無二のタイプの女優となる可能性が高いジャンルであるということも示された。